blog index

ぱちゃぽの film review

気ままに書いてます(*^^*)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
キッチン〜3人のレシピ〜 −The Naked Kitchen

 監督:ホン・ジヨン
 出演:チュ・ジフン
          シン・ミナ
          キム・テウ






日傘デザイナーのモレ(シン・ミナ)とサンイン(キム・テウ)は幼馴染で結婚して1年の新婚。
サンインを「ヒョン(兄貴)」と呼ぶモレ。

初めての結婚記念日の日、モレは陶器の展示会へと足を運びますが生憎の休館日。
なんとか中に入りたいモレはこっそり忍び込み一人の青年と出会います。

出会いがしらにぶつかったふたり。
倒れたモレのおしりの下にはその青年−ドゥレ(チュ・ジフン)が持っていた使い捨てカメラが。

そこに展示会場で作業をする人の声が聞こえ、慌てて逃げ隠れするモレとドゥレ。

狭い隙間に潜り込んだモレは差し込んでくる夏の強い日差しにめまいを感じました。

−何かに引き付けられるように近づくふたりのくちびる。
−強い日差しに「理性」は跡形もなく溶けてしまったかのよう…。

初めての結婚記念日の夕食の席で、サンインは会社を辞め長年の夢だったフレンチ・レンストランを開業することを打ち明けます。
−分かってくれとは言わないが、許してほしい。

モレは笑顔でサンインの申し出を受け入れました。

そしてモレは、展示会場で起きた「出来事」を打ち明けます。
−住んでるところも電話番号も、名前も知らないひとだったの。

怒りを抑えきれないサンインを追いかけるモレ。
そんなモレにサンインは、フランスからやってきた韓国人をしばらく自宅に住まわせることを伝えます。
サンインが新しく開くフレンチ・レストランの準備のために呼び寄せた料理人−23歳の若造だ。

夕食を済ませ自宅へ戻ってきたふたりの前に現れたひとりの青年−ドゥレ。

「ごめんね、ヒョン。」−謝るモレにサンインは、これ以上こじれるだけだからもうこの話は止めようといいます。

「明日の朝にはすべて忘れよう」

3人での共同生活。

ドゥレを避けながらも惹かれ始めるモレ。
天真爛漫で無垢なモレにストレートに感情をぶつけてくるドゥレ。

類稀な料理のセンスを持ったドゥレに嫉妬心を持ち始めたサンインでしたが、
その嫉妬心が料理のせいだけじゃないことを認めずにはいられなくなってきて…。

モレもドゥレに惹かれ始めている−そう感じながらもなんとか感情をおさえていたサンイン。

そんな複雑な共同生活の中、モレが妊娠したことが分かります。

お祝いをしよう−張り切るドゥレ。
心から妻の妊娠を喜ぶことができないサンイン。

そして−ある日1枚の写真を目にしたサンインはついに感情を爆発させます。
−展示会場でモレが会ったという男もドゥレだった…。

サンインとドゥレを前に、モレは決断を迫られ…。

天真爛漫で無垢、その一方でキュートで小悪魔なモレ役が実にぴったりだったシン・ミナ。
モレが口にした「ふたりともすきなの」−普通だったらはらわた煮えくり返りのこの言葉もなぜか許せてしまう…。
「甘い人生」「サッドムービー」「魔王」などドラマや映画で演じた役の中で、この「キッチン」のモレが一番似合っていたような気がするな。

キム・テウは知らないなぁ〜って思ってたんだけど、「JSA」に出演していたと知ってびっくり!
本国では実力派俳優としての認知度も高い俳優。(39歳っていうのは意外だった!)

そして公開までこぎつけられるのかヤキモキさせてくれたチュ・ジフン。
アタシの中では「宮〜Love in Palace」のシン皇太子役の感情をあまり表に出さないっていうイメージが強く残ってるから、この映画の中のドゥレのようにストレートに感情を表す役を演じているチュ・ジフンは新鮮だったな。

2006年のドラマ「宮〜Love in Palace」でブレイク、復讐に燃える弁護士を演じた「魔王」、映画「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店」、そしてこのキッチンで人気を不動のものとした−はずだったのに、今年4月の事件によってすべてのキャリアを白紙にせざるを得なくなってしまった…。

「キッチン」観ることが出来て本当によかったぁ〜。
−アタシ、こんなカンジの映画大好き

ちなみにチュ・ジフンが出演した前作「アンティーク」の監督ミン・ギュドンは、この「キッチン」のホン・ジヨン監督の旦那さんです。
| - | ラブストーリー | 23:53 | - | - |
愛してるから大丈夫 on dvd
監督: カク・チギュン
出演: チ・ヒョヌ
        イム・ジョンウン
        チョン・ハニョン
        チョン・エリ








3年前に韓国へ行ったとき、公開直前だったこの映画のポスターがたくさん貼られているのを見てきました。

江南にあるCOEXの映画館へ行ってこのチラシをもらってきたんだけど、その当時はまだ韓国語をスムーズに読んで理解することができなかったアタシ(今もかなり怪しいが)。

とりあえずタイトルの「サランハニカ ケンチャナ…」(愛してるから 大丈夫…)だけは辞書なしでも読むことができました。

 

10年分のキス!

10年分の抱擁!

1年を10年分のように愛してあげよう!

 

そんなフレーズが書かれていたチラシ。

 

レンタル屋さんでこの「愛してるから 大丈夫」のタイトルを見つけたとき、すごく懐かしい風が吹きました。

−目にするハングルすべてが新鮮で、がむしゃらに辞書を引いては単語を浴びるように読んでいた頃。

 

で。

内容はというと…。

 

韓国ドラマや映画にありがちな「限られた命」を中心に繰り広げられるラブストーリー。

見始めたときは正直借りてきたことをちょっと後悔。

 

男子トイレで用を足していた高校生ミニョク(チ・ヒョヌ)は、個室トイレから出てきた女子に驚かされます。

女子トイレが混んでたから−と言い訳する女子学生ミヒョン(イム・ジョンウン)。

 

ミヒョンへの猛烈なアタックが始まるも、ミヒョンはなかなかミニョクの気持ちを受け入れようとはしない…。

 

自転車を買い、後ろの荷台にミヒョンを載せるために座布団をくくりつける。

ミヒョンのロッカーをたくさんのバラの花で満たして。

雪が積もれば、ミヒョンの家の前の雪かきをして道を作り。

 

ミヒョンへの想いが募る一方のミニョクの元に届いたメール。

 

「ごめんね。私、明日発つの。」

 

「アメリカへ留学する」という理由で母親と二人、渡米してしまったミヒョン。

−ミヒョンがすべての前から姿を消した本当の理由をミニョクが知ったのは2年後。

 

突然現れたミヒョンに怒りを隠せないミニョクは、突然いなくなったミヒョンに食って掛かります。

その時、ミニョクの耳に届いた言葉−

 

「私、死ぬのよ」

続きを読む >>
| - | ラブストーリー | 21:13 | - | - |
初雪の恋〜ヴァージン・スノー〜
監督:ハン・サンヒ
出演:イ・ジュンギ、宮あおい、余貴美子、塩谷瞬、

眩しい映画でした…。

父親が大学教授であり陶芸家でもあるミン(イ・ジュンギ)は、父親が日本の大学に交換教授として招かれたことから、1年間京都で暮すことに。

ある日、マウンテンバイクで京都の街を颯爽と走り抜けていたミンは、路面電車に轢かれそうになったのを避けた拍子に、お坊さんの乗った自転車と衝突・転倒してしまいます。

行き着いた神社でミンは一人の巫女と出会います。
「血が…」−そう言って巫女は赤いハンカチを取り出し、ミンの肘の傷から出ていた血を優しく拭ったのです。
ただただ、見とれるばかりのミン。

やがてミンは神社であった巫女が同じ高校に通う七重(宮あおい)であることを知ります。
なんとか七重に近づきたいミンは、下校途中の七重を見付け後を追いかけます。
自転車で慌てて追いかけ、勢い余ってぶつかりそうになり、その時七重が手にしていた大事な画材ケースが川へ落ちてしまいます。
「七重の大切なものなのに」事の一部始終を見ていた友人・香織の言葉。日本語が全く分からないミンも大変悪いことをしてしまったことに胸を痛めるのです。
しかしここでしょげないのがミンのいいところ。
すぐに画材ケースを求めに行くのですが、高校生のミンにはすぐに買うことのできない金額でした。
ミンは七重のクラスメートで、以前ケンカをしたことから親しくなった小島(塩谷瞬)を訪ねます。
「オイ、コジマ。オマエ ワタシ タスケロ」
小島に紹介されたのはなんとチンドン屋。−「ヨロシクオネガイシマス」といいながらチラシを配るというもの。言葉が不自由なミンにとっては有難いアルバイト。

やがて画材ケースを買うに足るお金を手にすることができたミンは、すぐに購入し七重の元へ向かいます。
神社の林の中で静かに絵を描いていた七重。
七重の姿を見付けたミンは画材ケースを差し出すのですが、七重は受け取ろうとしません。
「ワタシオトシタ」−自分のせいで君の大切な画材ケースを落としてしまったから君のために買ったんだよ。
そこに突然の雨…。慌てて雨宿りをするふたり。

七重は雨が韓国語で「ピ」ということを知ります。
ミンはピが日本語で「雨」ということを知ります。

「おおきに−。」そう言って七重は画材ケースを受け取ります。−七重はミンがこの画材ケースを買うためにチンドン屋のバイトをしていたこと知っていたのです。
この日から2人の距離は少しずつ縮まります。

数日後、ミンは七重から1枚の絵を渡されます。
ところがその絵の裏に描かれていた言葉が分からないミンは、父親に尋ねてみることに。
「その髪を切れってかいてあるんだ」
なかなか教えてくれようとはしない父親に呆れ、その場を去ろうとした時
「感謝していると書いてあるぞ。お前にとても感謝しているようだな」
−うれしくてうれしくてたまらないミン。そして「おおきに」が京都弁で「ありがとう」という意味であることも教えられます。

ある日、清水焼の陶磁器店に立ち寄ったふたり。七重はこの時ミンの父親が陶芸家であることを知ります。
「清水焼は器を創る人と、絵を描く人と別々なんよ。」
「じゃ、ボクが器を創るから、七重は絵を描いてよ」
−初めての約束。

自宅へ慌てて帰ったミンは父親に陶芸を教えてほしいとすがります。あれほど嫌っていた土に自分から触れたいと言ってきたミンに父親は、ミンの心の中に大切な人がいることに気付きます…。

しかしミンは、七重が時々見せる曇った表情が気になっていました。

桂川でボートに乗ったときのこと。七重は「この川でボートに乗ったカップルは別れるっていう言い伝えがあるんよ。」とミンに言います。
一方のミンも「韓国にもあるんだよ、石垣の道(トルダムギル)を歩いたカップルは別れるっていう言い伝えが。でもボートもマイナス、石垣の道もマイナス。マイナスとマイナスでプラス。初雪の日、一緒に石垣の道を歩こう。」
−韓国では初雪の日にデートしたカップルは幸せになるという言い伝えがあるのです。(冬のソナタでもありましたが)
うなずく七重。
ミンとの幸せな時間を過ごす一方、七重の家では大きな問題を抱えていました。
父親が事故で亡くなり、そのために精神状態を崩してしまった母親(余貴美子)はアル中で、ろくでもない男に付きまとわれ、挙句の果てに暴力を振るわれ…。
そんな母親の姿に泣いてばかりの妹・百合。
−このままじゃダメだ。

七重へのプレゼントに「ブタ」の置物を作りあげたミンの元にかかってきた1本の電話。
韓国・仁川空港からの電話でした。
ミンの祖母が倒れ、父親が急遽韓国へ戻っていたのです。
「お前に会いたいっていってる」そう聞かされたミンは一旦韓国へ帰ることにします。
続きを読む >>
| - | ラブストーリー | 23:01 | - | - |
夏物語−Once in a Summer−
監督:チョ・グンシク
出演:イ・ビョンホン、ス・エ

泣けちゃった…。
ありがちなストーリーで先も読めるんだけど、どうしてだか泣けてしまうんだなぁ〜。
正直、イ・ビョンホンってあんまり好きじゃなかったんだけど、以前深夜に放送されていた映画「純愛中毒」を観てから、少し好きになったんです。

60歳を超えた今も独身でいる元大学教授、ソギョン(イ・ビョンホン)。放送作家をしているスジンはそんな彼の元教え子で、プロデューサーに怒鳴りつけられた際に友人が口走ったひとことがきっかけでソギョンの元を訪れます。
「もう一度会いたい人はいますか?」そんなスジンの問いかけに、ソギョンの中に閉じ込められていた一人の女性―ソ・ジョンイン(ス・エ)の思い出が溢れ出てきました。

プロデューサーとスジンが訪れたのは、ソギョンが大学時代にボランティア活動をしていたという小さな村・スネリ。
ジョンインが働いていたという図書館を探していたスジンたちは、ある老人からジョンインは男と駆け落ちをした−ということを聞かされます。

1960年代後半、若者達の政治活動が活発だった時代―。

ある夏。
ソギョンは農村でボランティア活動をするためにソウルからこのスネリへと仲間達をやって来ました。もともとボランティア活動に勤しむために参加したわけではなかったソギョンはサボることばかりを考える毎日。
その日、自転車でぶらぶら出かけたソギョンは古びた一軒家を見付けます。―空き家っぽいのに女性の歌声が聞こえてきたため、ソギョンは家の中へ足を踏み入れます。
そこにいたのはジョンインと言って、村の図書館で司書をしているひとでした。
洗濯物を干していたジョンインは、腰をふりふり下手な歌を気持ちよさそうに歌っていたのでした。
思わず噴き出してしまったソギョンに気づいたジョンインは、水をぶっかけてしまいます。
決して謝らないジョンインに腹をたてるソギョン。
−そんな最悪な出会い方をしたふたりだったけど、お互いに忘れられない出会いになるなんて夢にも思ってないわけで。

最悪な出会いをしたふたりだったけど、1冊の本「キョンアの花を折った男」がきっかけで少しずつその距離を縮めて行きました。

たくましく強く生きる美しいひと−ジョンイン。そんな彼女はなぜだか村の人たちとは疎ましく思われているようで…。

ジョンインへの想いを募らせるソギョンは、いつしかこの村を離れたくないと思うようになっていました。
ところが別れはある日突然やってきます。
続きを読む >>
| - | ラブストーリー | 23:47 | - | - |
Sad movie
監督:クォン・ジョングァン
出演:チョン・ウソン、イム・スジョン、ソン・テヨン、チャ・テヒョン、
   イ・ギウ、シン・ミナ、ヨム・ジョンア、ヨ・ジング

愛の終わりばかりを集めた映画。
そう聞くと悲しい悲しい物語と思ってしまうけど、そうでもない。
−悲しみだけが残ることはありませんでした。

4つのラブストーリーが同時進行していくんですが、ラストで実に感動的にクロスします。

消防士のジヌ(チョン・ウソン)からのプロポーズを待ち続けるスジョン(イム・スジョン)。
ニュース番組で手話通訳をしているスジョンは、天気予報で雨の予報をすることを心待ちにしていました。
消防車のサイレンを聞くと、夜も眠れなくなってしまう…。
ジヌも、スジョンの心配する気持ちは痛いほど分かっていました。

スーパーのレジ係のスッキョン(ソン・テヨン)とハソク(チャ・テヒョン)は付き合って3年。
3年も付き合ってるのに、何も変わらない。私はレジ係。ハソクは無職のまま。
−そんなハソクと別れ、新しい人生を歩き始めようとするスッキョン。
なんとかスッキョンの気持ちを引き止めたいハソクは、ひょんなことからある仕事を始めます。  
続きを読む >>
| - | ラブストーリー | 22:43 | - | - |
僕の、世界の中心は、君だ。 -My GIRL & I-
監督:チョン・ユンス
出演:チャ・テヒョン、ソン・ヘギョ、イ・スンジェ

2004年に日本でも公開された「世界の中心で、愛をさけぶ」の韓国リメイク版。
あまりにも有名なストーリーなので、ここにはもう書きませんが、
やはり泣けてしまいましたポロリポロリポロリ

日本版ではカセットテープがふたりを繋ぐアイテムとして大活躍だったけど、
韓国版ではポケットベル(韓国語では「ピッピ」というらしい…)。日本でのポケベルとはちがい音声を録音することができて、連絡をもらった人は、自分の番号にかけて暗証番号を入力してメッセージを聞くというものだったそうです。

私は片山恭一さんの原作本を読んでいないので、どちらがより原作に近いものなのかはわからないけど、
個人的には日本版の「世界の中心で、愛をさけぶ」の方が好きです。

ちょっと勝手に比較をしてみましたイヒヒ
(「世界の中心で、愛をさけぶ」の詳細な部分はもう忘れたりしているので、もしかしたら違っているかもしれません。先に謝っておきます=笑=)

続きを読む >>
| - | ラブストーリー | 12:59 | - | - |
青春漫画〜僕らの恋愛シナリオ〜 -Almost love-
監督:イ・ハン
出演:クォン・サンウ、キム・ハヌル、チョン・ギュス、イ・サンウ

またまた、好きな映画に新しい映画が加わりました。

クォン・サンウが出演しているからとかじゃなくて、本当にあったかな映画。
ずーっと昔に忘れてきた、大切な「気持ち」を思い出させてくれる…そんな映画じゃないかな。
なんか臭い表現だけど、ホントにそんな気持ちにさせてくれた1本です。

ジファン(クォン・サンウ)は、ジャッキー・チェンに憧れアクションスターを夢見る大学生。
そんなジファンとは13年間腐れ縁の、心で人生を語る女優を夢見るダルレ。

ジファンとダレルは同じ大学に通う22歳。(この年齢設定にはムリが…=笑=)

なかなか思うように夢に近づけないジファンは、アルバイトでなんとか生活をしている状態。
一方のダレルも、女優を志しながらも実はあがり症で、人前に出ると携帯電話のバイブのように震えてしまいます。

−ふたりが初めて出会ったのは小学校2年生のとき。
ケンカっぱやいジファンはクラスに嫌われ者。けど、なぜだか妙に気があって「おならガス」をプレゼントした初めての相手はダレルでした。
ある日、ダレルのかわいがっていたリスが死んだ時、リスのお墓を自分の秘密の基地に作ってくれたのはジファンでした。
「大声で泣いてもいいよ。ここは僕しか知らないから」
−そう声をかけてくれたジファン。

寝たきりの父親の看病を懸命にしながら、夢を追い続けるダレル。
−そんなダレルの父親も、ジファンの姿を見るのが楽しみのようで…。
どんな仕事をしても長くは続かないジファンの父親・チャンホ(チョン・ギュス)の次に目指す職業は小説家。
−お前たちふたりの小説を書こうと思うんだ。

やがて、ダレルにはスポーツ万能のステキな彼ヨンフン(イ・サンウ)ができます。
ちょっぴりおもしろくないジファン。
そんなジファンにも、彼女が!−テコンドーの試合でジファンを見かけ、気になっていたという女の子を紹介されたのです。彼女−ジミン(チャン・ミイネ)はヨンフンの幼なじみで、ジファンを紹介するようせっついていたらしい…。

お互い恋人ができ、なんとなくぎこちなくなっていく関係。

続きを読む >>
| - | ラブストーリー | 22:12 | - | - |
デイジー−DAISY−
監督:アンドリュー・ラウ
出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ

韓国お得意の「お涙頂戴ストーリー」だろうと思っていたアタシの想像は見事に打ち砕かれました。

毎日送られてくるデイジーの花。
オランダで画家の卵として創作活動に勤しんでいるヘヨン(チョン・ジヒョン)は
祖父の経営する骨董屋を手伝っていました。
花が贈られてくるようになって1ヶ月。送り主は分からないもの、このひとが私の運命の人−幻の恋人だと信じていました。

広場で似顔絵を描く仕事をしていた時のこと。
午後4時15分。
ひとりの男性がヘヨンの前に現れました−デイジーの花を持って。
男性の名前はジョンウ。
ヘヨンは彼こそが待ち焦がれた人だと確信します。

ある日、自宅へジョンウを招き入れたヘヨンはデイジーの花に込めた自分の思いを話します。
−彼女が思っているのは僕じゃない。
ジョンウはヘヨンを力いっぱい抱きしめていました。
本当のことは言えない。−ジョンウはヘヨンを愛し始めていました。

ジョンウがヘヨンに近づいたのは偶然でもなんでもなく、自分の仕事−麻薬ルートを追跡するためでした。
ヘヨンの前に座ると、ちょうど彼女の後ろにある建物が見張りやすい。
そして何より、彼女の体で自分の存在を隠すことができる。

ところが、広場でジョンウの似顔絵を描いていたとき、銃声が鳴り響きます。
ヘヨンを庇いながら必死に反撃するジョンウでしたが、大怪我をしてしまいます。
そして、ヘヨンも流れ弾にあたりケガを負います。

病院のベットで目覚めたヘヨンは、もう二度と声を出せなくなったことを知ります。
−そして最愛のジョンウが韓国へ送りかえされたということも。
続きを読む >>
| - | ラブストーリー | 21:42 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ